日本はどうすればグループステージを突破できるか

Pocket

いよいよW杯の開幕まであと1か月となりました。開幕戦は開催国のロシアとアジア代表のサウジアラビアで、日本時間の6月15日午前0:00キックオフとなっています。W杯はサッカー選手にとって最高峰の舞台であり、またサッカーファンにとっても興奮の1か月となります。日本を応援することはもちろんのこと、普段なかなかリアルタイムで見ることができない強豪国同士の試合を何試合も見ることが出来ます。今回のロシアW杯の試合は、日本時間では大体夜9時から朝の5時ぐらいの間に行われることになりますので、僕たち日本人は今大会中の寝不足は避けられませんね。

グループHの試合日程はこちらの記事「ロシアW杯 グループHの試合の日本時間一覧」で確認してください。

グループステージを突破するには(他力本願)

ほとんどのサッカーファンが自覚していることと思いますが、現在の日本代表にW杯のグループステージで2勝する力はありません。頑張ってほしいですが相手チームに退場者が出るなどのアクシデンタルな奇跡が起きない限りはまず無理です。そうなると、グループステージ突破のために必要なのは最低でも1勝1敗1分です。

僕の予想はこの記事「ハリルホジッチ解任でどうなる日本代表とロシアW杯」に書いていますので参考にしてください。

さて、結論を言いますと、日本がグループステージを2位通過するためには、まずグループ内で一番格上と考えられるコロンビアに他を圧倒してもらう必要があります。これは日本がグループステージを突破するための必須条件と言っても良いと思います。圧倒するとは、3勝(勝ち点9)もしくは2勝1分(勝ち点7)のことです。グループトップがそれ以下の成績になってしまうと途端にグループ内が混戦になり得失点差も絡んでくるため、失点の多い(と思われる)日本は勝ち抜けるのが難しくなります。そして、このような混戦の状況では、結局順当勝ちになることが多いのです。短期戦では流れに乗ったものが強さを発揮しますが、混戦では格下チームは得てして流れに飲み込まれてしまうものなのです。

グループステージを突破するには(自力本願)

コロンビアが他を圧倒することに期待するとして、それを前提に次は日本が如何に戦えばよいかを考えます。日本を含む他3か国はコロンビアに負けるか引き分けという結果になるのですから、日本はとにかくセネガルとポーランドから最低でも1勝1分をもぎ取ることが必要になります。

コロンビアが全てのチームに勝った場合は、他3か国は残り2戦でグループリーグ突破を賭けて戦うことになります。その際、3チームが1勝1敗1分で並ぶ可能性があり、その場合は得失点か直接対決の結果で2位が決まりますので、出来る限り得点し出来る限り失点を抑えなければなりません。そのような状況になった場合は、最終戦のポーランド戦は極度の緊張の中で戦うことになってしまいます。しかし、それは相手も同じ条件なので言い訳には出来ません。是非頑張ってほしいです。

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

さて問題は、他3か国のうちコロンビアに引き分けるチームがいる場合です。そのチームが日本ならその後の戦いは残りのチームにプレッシャーを与えることにもなり、また自力で勝ち抜けることが出来る状況になるので少しだけ有利になります。この場合の筋書きを言えば、初戦でコロンビアに引き分けで勝ち点1をもぎ取り、残りの2試合で1勝1分として勝ち点4を追加すれば、勝ち点7のコロンビアに次いで勝ち点5は自動的に2位確定となります。

ところが、初戦のセネガル対ポーランド戦が引き分けではなく勝敗がつき、さらにその勝者がその後コロンビアと引き分けるとしたら、日本が勝ち抜ける条件が限定的になってしまうのです。その条件とは、コロンビアと引き分けたそのチームに日本は絶対に勝たなければならないということです。日本がもしその相手に引き分けてしまうと、そのチームが1勝2分で2位になって日本の予選敗退が決定してしまいます。

グループステージ突破の理想形

現実を踏まえて、日本が2勝以上は絶対に出来ないことを前提に理想の予選突破を考えたいと思います。2勝は出来ませんが、それ以外は何でもあると考えると、理想は1勝2分です。初戦のコロンビアに引き分け、2戦目のセネガルに勝ち、ポーランドには引き分ける。仮に、セネガルが初戦のポーランドに勝ったとしても、2戦目の日本戦に負ければ勝ち点3で、勝ち点4の日本を逆転するには得失点差にもよりますが最終戦のコロンビアに引き分け以上の結果を残さなければならないというプレッシャーがあります。さらに、コロンビアは初戦の日本と引き分けで、2戦目のポーランドには勝って勝ち点を4としているが、最終戦のセネガルに負けるとグループリーグ敗退の危機もあるので、絶対に全力で来るはずです。こうなると、グループリーグ突破の目がなくなったポーランドとの最終戦を残すのみとなった日本は精神的に有利になりますので、これが理想形と言えるでしょう。

勝ち点3でも勝ち上がれるパターンがある

実は、最悪勝ち点3でも2位通過が可能です。パターンは以下の1パターンのみです。

  • 1位:2勝1分(勝ち点7)
  • 2位:3分(勝ち点3)
  • 3位:1敗2分(勝ち点2)
  • 4位:1敗2分(勝ち点2)

上記のとおり、3試合とも引き分けて勝ち点3を獲得する場合だけとなります。1勝2敗の勝ち点3では2位になれるパターンはありません(訂正:1勝2敗の勝ち点3で2位になるパターンはあります)。グループHに当てはめれば、コロンビアが日本だけに引き分けて残り2試合に勝ち、セネガル対ポーランドは引き分けで、日本は全試合で引き分ければ2位通過です。

まとめ

今回の記事は、どうなれば日本がグループステージを突破できるかという視点で書きました。他力本願の部分もあり、ラッキーが続けばグループステージを突破する可能性があるというのが僕の主張です。僕たち日本人が日本のグループステージ突破を望むのは当然ですが、現実はそれほど甘くはありません。日本はW杯出場国の中では最下位に近いぐらいの実力しかないというのが現実だからです。でも、最後まで希望を捨てずに奇跡に期待して日本代表を応援したいと思います。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ ◆◇口臭・汗臭・便臭・ワキ臭・加齢臭 ニオイ大丈夫??◇◆  世界10か国で特許取得!4大ニオイケア成分が1粒に! 『エチケットケア系サプリ』メンズデオ7200! まずは下記URLから詳細をご確認下さい。 詳しくはこちら>>https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TR73V+81COS2+37F0+BXB8Z ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする