ロシアW杯 グループHの試合の日本時間一覧

Pocket

ロシアW杯の日程は皆さんが気になっているところでしょう。しかも、皆さんは日本時間が知りたいはずです。また、学校や仕事があるので寝不足にならないかの心配もあるはずです。そんな方たちのために以下に日程を記載しておきます。これで、自分の体調管理を行いつつ日本のグループステージ突破を祈ってみんなで応援しましょう。

グループHの日程

  • 2018年6月19日(火)21:00~ 日本対コロンビア(日本の初戦)
  • 2018年6月20日(水)0:00~ セネガル対ポーランド
  • 2018年6月25日(月)0:00~ 日本対セネガル(日本の2戦目)
  • 2018年6月25日(月)3:00~ ポーランド対コロンビア
  • 2018年6月28日(木)23:00~ 日本対ポーランド(日本の最終戦)
  • 2018年6月28日(木)23:00~ コロンビア対セネガル

日本人の寝不足の度合い

上記の日程を見ると、全般的に夜中の試合が多いことが分かります。唯一、初戦のコロンビア戦は夜の9時から始まりますので、まずは寝不足は避けられそうです。とりあえず、一安心です。次の日は週の真ん中水曜日なので、ここで寝不足にならないようにしなければなりません。セネガル対ポーランドの結果は、翌日の朝のニュースで確認しましょう!

2戦目のセネガル戦は日付が月曜日に変わった真夜中の12時開始です。試合終了時間は夜中の2時頃ですから、月曜日だというのに寝不足は必至です。これはやばいです。場合によっては有休を取得することも考えなければなりません。そうなった場合は思い切ってポーランド対コロンビアも観戦しましょう。試合が終わるのは明け方の5時です。有休だからと言って生活リズムの昼夜が逆転しないように気を付けましょう。

そして、3戦目のポーランド戦はグループステージ突破を賭けた大一番なので、見逃すわけにはいきません。頑張って夜中の1時まで起きておきましょう。同時刻にコロンビア対セネガルもあるので、逐一そちらの情報も確認しながら観戦しなければなりません。翌日は金曜日なので、その日一日を切り抜ければ週末ゆっくり休むことが出来ます。また、夜中の1時ぐらいなら平気な人も多いでしょう。頑張って乗り切りましょう!

まとめ

W杯期間中は一種のお祭りです。オリンピックもそうですが、寝不足は周りの人から理解されることが多いと思います。まあ、理解はされますが許されるとは限りませんのでご注意ください。さて、もう一度試合時間を見直すと、実際にきついのは2戦目のセネガル戦だけです。試合の結果が良いものになれば寝不足など吹っ飛ぶはずです。みんなで応援して、日本が勝つように祈りましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください