2018ロシアW杯 グループステージ日本代表の総括

Pocket

グループステージ最終戦のポーランド戦の結果は0-1の敗戦に終わってしまいましたが、日本代表は奇跡的な運も味方にして、大番狂わせの決勝トーナメント進出を果たしました。しかし、そのポーランド戦の残り10分間の日本の戦い方については賛否両論、世界中で物議をかもしました。西野監督自身が不本意な選択と言ったとおり、状況判断による最善の選択だったのだと思います。日本サポーターの間でもこの選択は賛否両論ですが、僕は予選突破の嬉しさとワールドカップという大舞台で世界を落胆させたその戦いぶりに、何かモヤモヤした気持ちになってしまいました。

コロンビア戦(日本〇2-1)の総括

初戦を迎えた互いのチームは、試合の序盤とても緊張していました。グループHで最強のはずのコロンビアでしたが、チームは立ち上がりからバタバタしていてその出来は良くありませんでした。そんな中、前半3分、思わぬ形で日本にとって良い意味でのミラクルアクシデントが発生しました。このようなアクシデントは頭の片隅にはありましたが、まさか本当に起こるとは思っていませんでした。(関連記事「日本はどうすればグループステージを突破できるか」

このアクシデントで11人:10人の戦いとなり、日本にとっては絶対的に有利な状況になったのです。将棋で言えば飛車角落ちの相手と勝負するようなものですから、余程の力の差がない限り勝たなければならない状況です。出鼻をくじかれたコロンビアはそのこともあってかその後も強豪とは思えない戦い振りでした。

一方、日本はそんな有利な状況の中、ファンがイライラするような不甲斐ないプレーの連続でした。パスは通らない。ボールキープが出来ない。決定的場面で決められない(流れの中から決められない)。そしてたまに受けるカウンターがピンチになる。やはりいつも見ていた最近の日本代表の姿がそこにあり、改めて世界における日本の実力を思い知らされた試合内容となりました。タラレバはありませんが、この試合は3点、4点目が狙える試合だったので、本来であればこのような絶対的有利な状況では確実に得失点差を稼いでおくべきでした。

この試合、「半端ないって大迫」が決勝点を取って日本国内では株を上げましたが、一番の功労者は柴崎選手です。世界のサッカー市場から見て日本人選手の中で一番株を上げたのは間違いなく柴崎でしょう。彼のパス出しの速さとパススピードは世界でもトップレベルだと思います。またパスの精度も高いので、彼はこれでビッグクラブへの道が開かれたと思います。一方でいまいち機能しなかったのは原口選手です。彼の持ち味はスタミナと泥臭い守備です。僕も原口選手のスタミナと最後まで諦めない気持ちは十分評価しています。しかし、彼の欠点であるキープ力のなさと連携の悪さがこの試合でも顔を出してしまい、そこでいくつかの攻撃の芽が潰されていたのが気になりました。原口選手の起用方法は西野監督も苦労しているのではないかと思います。

結果的に、もともと全く期待していなかった勝ち点3を取ることが出来たのは非常にラッキーでしたが、ただ、それと同時に日本の実力を改めて思い知り、それが世界の強豪に通用しないということを改めて感じる試合になりました。通用しないというのは厳しい言い方ですが、少なくとも強豪との歴然とした攻撃力の差は誰もが感じたことでしょう。

セネガル戦(日本△2-2)の総括

互いに初戦を勝利して勢いのあるチーム同士の対戦となりました。勝てば決勝トーナメント進出決定という状況で、セネガルとしては格下の日本相手に絶対に負けられませんし、もちろん勝つつもりでいたでしょう。キックオフと同時にセネガルの猛攻は始まりました。攻撃陣は速くて強く、こんな攻撃が45分も続くはずはありませんが、15分も続けられたら絶対に耐えられないほどの攻撃でした。そんな中、やってはいけない失点をしてしまいました。前半11分、キーパー川島の判断ミスによる失点でした。直前の原口選手のヘディングによるクリアミスもありましたが、あの失点は完全にキーパーの責任です。川島選手はキャッチングが上手ではないので簡単なボールに対してもパンチングにいってしまう悪い癖があります。長年のキーパー生活で指が壊れてしまったのかどうかは分かりませんが、もしそうだとしたら、そんな万全ではない怪我人に日本代表のキーパーは任せられませんね。僕は東口選手の出場に期待しています。

それはさておき、セネガルは攻撃陣の凄さとは裏腹に中盤を含めたディフェンスに問題があるチームであることが分かりました。アフリカや南米のチームにありがちなと言ってしまうと語弊がありますが、試合中にDFの集中力が切れてマークが甘くなったり、競らずにボールを見てしまうことが良くある。そんな傾向に見事に合致するチームでした。ここを狙わない手はありません。日本代表はここにいち早く気が付いて、試合のペースを日本優位に引き寄せることに成功しました。そして、中盤で柴崎と乾がフリーでボールを持つことが出来ていましたので、試合を完全に支配する結果となりました。

1-1の同点に追いついた乾の得点は、セネガルのディフェンスの甘さが招いた失点と言えると思います。長友のトラップが偶然にもいいところに落ちたこともラッキーでしたが、乾のシュートに対するDFの反応は遅かったと思います。その後もDFのルーズさを突いて大チャンスを作りましたが、日本はコロンビア戦に続いて決定力を欠き、モノにすることが出来ませんでした。

ここが強豪との大きな差の一つです。チャンスを逃した後は得てしてやられてしまうものです。後半26分、たまにしか攻撃されないセネガルに少ないチャンスをモノにされてしまいました。あのようなピンチに川島が顔を使ってでも止めてくれると良いのですが、あの場面では体も完全に沈み込んでしまっていて、いてもいなくても同じような存在となってしまいました。

結局は、後半33分に日本が2-2の同点に追いついたシーンも相手のDFの甘さに助けられた得点になりました。本田選手はかなりビビりながらボールを抑えることだけを考えて蹴っていたように見えました。足が完全に縮こまっていましたから・・・。

日本の攻撃陣がしっかりしていればこの試合は勝って決勝トーナメント進出を決めれていたはずでした。最低限の勝ち点は取ることが出来ましたが、完全に支配した試合で勝ち切れない日本サッカーのレベルに、やっぱりすっきりしない気持ちが残りました。

ポーランド戦(日本●0-1)の総括

この試合、引き分け以上で日本は決勝トーナメント進出です。一方、ポーランドはすでに2敗していて予選敗退が確定していますので、大きなモチベーションは持っていませんでした。僕自身、ポーランドの戦いを見るのはこの日本戦が初めてだったのですが、FIFAランキング8位とは思えないほど弱いチームに見えました。全くボールに寄せてこないし、ミスも多いし、連携も悪いし、あからさまにやる気のなさを感じました。これではセネガルにもコロンビアにも勝てなくて当然だと思いました。また、試合が始まってすぐに引き分け以上は余裕で、日本の決勝トーナメント進出を確信しました。

ところが、試合が進むに従って日本は不得意な形にはまっていったように思えました。日本は個々の選手にキープ力がないので、ボールを持たされると上手くゲームを作ることが出来ません。悪い癖と言ってもよいと思いますが、安全策ばかりを選択するので必ずパスを横に横につないでサイドを使い、結局、単調なセンタリングを上げるか、また後ろに戻してやり直すかのいずれかになります。そして、たまに中を使って攻めようとするとボールを取られて反撃に合います。

ポーランドはかなりの不調だったのに、日本はそれに合わせるようなサッカーをしていました。先発に武藤と宇佐美を入れたのは結果的に失敗だったと思います。このようなディフェンスの緩い試合ではガンガン裏を攻めていかなければなりません。武藤の足はそこそこ速いのかもしれませんが相手の裏を狙って自分自身が点を取ろうとする意識は高くありません。また、宇佐美は同じポジションの乾や中島翔哉とは違い、ボールをゆっくり持ってしまうのでスピードで相手を崩すプレーが出来ません。ディフェンス面でも機能しません。それに加えて攻撃全体としてボールを持たされての単調なサイド攻撃なのですから、一体どうやってポーランドから点を取ろうとしていたのか疑問です。

そして、予想どおり相手のカウンターは決定的なピンチを招きましたし、FKは確実に失点に結びついてしまいました。それから、川島の「ビッグセーブ」と言われているプレーについては言及しておかなければなりません。あれは決して「ビッグセーブ」ではありません。その前のポジショニングの悪さが招いた結果です。川島選手はキャッチングが上手ではないと言いましたが、それと同じぐらいの欠点として「状況判断の悪さ」があります。裏のボールへの対応や、パンチングとキャッチの選択、コーナーキックへの飛び出しなど、瞬時の判断をよく誤ります。あのビッグセーブと言われるプレーは、本当ならばキャッチできるプレーです。

決勝トーナメント1回戦のベルギー戦はキーパー「東口」が見たいです。

まとめ

日本はFIFAランキング60位レベルのプレーを続けていますが幸運にも決勝トーナメントに進むことが出来、ベスト16という実績を残すことに成功しました。現在の日本の実力を踏まえればこれで十分でしょう。6/30に行われた決勝トーナメント1回戦フランスvsアルゼンチンのハイレベルサッカーを目の当たりにして、世界トップレベルのサッカーが全く日本の手に届かないところにあることを多くの人が痛感したことでしょう。1回戦で対戦するベルギーは現在FIFAランキング3位の強豪で、今大会の優勝候補のひとつです。コロンビア戦以上の奇跡が起こらない限り日本の勝利はありませんが、最後まで日本代表を応援したいと思います。リアルタイムでは観ませんが・・・。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする