エスカレーターで片側を歩くと運搬効率が悪くなる理由を教えます

Pocket

複数人でエスカレーターに乗るとき、僕は意識的に正しく左右に並ぶようにしています。そして、その相手が小さい子供なら横に並んで手をつなぎます。なぜ、こんな当たり前のことを言うのかというと、これが常識としてまかり通らない現実があるからです。そして、この乗り方は多くの人にとって安全かつ効率的なのです。

みなさんも、通勤ラッシュで次のようなご経験があるでしょう。電車から降りたとき、ホームに人が溢れてエスカレーターまでなかなかたどり着かない。たどり着いたと思ったら長蛇の列が出来ていて、わざわざ最後尾までぐるっと回って並びに行かなければならなかったという経験。これ、効率が悪いので出来れば改善したいですよね?実は簡単にできるんですよ。

エスカレーター前の混雑の原因

電車から降りると、当然、電車から降りた人で一時的にホームがごった返すのは当たり前です。その後、人の流れは、階段へ向かう人とエスカレーターに向かう人に分かれます。階段にも、上りと下りで一応の区切りがありますので、大抵の人はそれに従ってしかるべきところに並んで階段を上り下りします。一方、エスカレーターは立ち止まって乗る人と歩いて乗る人に分かれます。東京では、立ち止まって乗る人は左(上の写真のように)なので、エスカレーターの左側には長蛇の列が出来ます。

しかし、必ずしも電車を降りた瞬間のお客さんは、自分の行きたい方向に有利な位置にいるわけではなく(つまり、エスカレーターに立ち止まって乗りたい人が必ずしもエスカレーターの左側に近い位置にいるわけではないということ)、当然バラバラです。というよりも、エスカレーターか階段か、歩くか歩かないか、いろんな事を考えているお客さんが一斉に降りてくるのです。降車時のホームはまさにカオス状態なのです。

この状況を見る限り、エスカレーター前で混雑することは当たり前のように思えます。しかし、上記の記述の中に混雑を助長する重要な原因がありました。それは、「エスカレーターは立ち止まって乗る人と歩いて乗る人に分かれます」の部分です。以下ではこの部分に触れて、皆さんがをより効率的にエスカレーターが利用できるようになるための僕からの提案をいたします。

提案の前の前提条件

提案の核心に迫る前に、まずは以下の前提を確認していただきたいと思います。エスカレーターに乗る場面では、一般的に以下の①~③のような前提があると考えられます。

①:エスカレーターに乗る人は老若男女。体の不自由な人もいる。

⇒利用する人には様々な人がいるということです。当たり前ですね?

②:エスカレーターは立ち止まって乗ることを前提に安全性基準が設けられている。

⇒ご存じない方もいらっしゃると思いますが、そういうことになっています。こちらを参照してください。一般社団法人日本エレベーター協会

③:エスカレーターを歩きたい人がいる。歩く人がいる。

⇒言っちゃいます。これが余計な混雑の原因です。③の歩く人に該当する人にとっては、②の安全基準は納得のいかないものかもしれません。なかには、

「わいは、生まれてこのかたずっとエスカレーターでは歩き続けとる!むしろ止まったことがないぐらいや。そのおかげでめっちゃ時間を節約できとるで。なんやったらエレベーターでは早く上に行くために上に向かって飛びあがっとるし、電車の中ではガッツのごとく先頭車両に向かって猛ダッシュや。危険な目におうたことなんか一回もないで。もちろん、これからも大丈夫や!」

と結果論だけの屁理屈を言う大人もいるとかいないとか・・・。

安全性とリスク管理

メーカーが安全性基準を設けるということは、お客さんを危険から守るべくリスク管理をしているということです。リスクとは、起こるか起こらないかがわからない危険性のことです。さて、上記前提①②だけを見ると、エスカレーターの乗り方を論じるまでもなく、安全性を考慮して両側のどちらかのベルトを手で持ちながら、その場に立ち止まって乗るべきということが分かると思います。ですが、③がある限りそう簡単にはいきません。

前提③の「歩きたい」という気持ちは、その本人の衝動なので回避のしようがないというのがまずは結論となります。他人はもちろんのこと、本人にもその衝動は抑えることは出来ません。(但し、理性により行為は抑えることが出来ます)

そして、その衝動が本人にも他人にも抑えることが出来ないのであれば、それを甘んじて受け入れると考える民族が僕たち日本人と思われます。(日本人は事なかれ主義が多いのかな?)エスカレーターが日本に広まりつつある頃、伝統的な日本人特有の「他人(歩きたい人)の内心を推し量る」特性と「他人(歩く人)への配慮」が互いに働き、それが現在の片側乗りという形になって現れたのではないでしょうか。急ぐ人への配慮という一面だけを捉えれば、問題がないどころか、むしろ良いことをしているようにしか見えませんよね。

自己客観視(メタ認知)

しかし、ここで一歩引いて自分の行動を見ていただきたいのです。本当にあなたは良いことをしたのでしょうか?ここで大事なことは、状況を俯瞰することです。心理学用語で言えば「自己客観視」もしくは「メタ認知」です。さて、想像してみてください。

=====================

東京のある駅でのこと、電車を降りた自分を含む乗客が一斉にエスカレーターの周囲に集まってきました。あなたの順番が回ってきたので、日本人が持つ特質である同調性や他人への配慮を如何なく発揮して、みんながそうするようにエスカレーターの左側に乗りました。後に待つ人もみな同様に左側に並んでいきます。急ぐ人はもちろん空いている右側をわがもの顔で通り抜けていきますが、歩きたくはないけれど待つのも嫌だから、仕方なく右側に乗って歩く人もいます。左側に乗った人は、右側をすり抜けていく人を確認して、やっぱり左に寄っていて良かった(良いことをしている)と自分自身を納得させようとしています。

そして今の状況を一歩引いて高いところから見下ろしてみました。

目線をスーッとエスカレーターの乗り口におろしていくと、そこにはまだまだエスカレーターに乗れない人の群れがあり、みんな苦虫を噛み潰したような顔で順番を待っています。そして、その中にもうひとりの自分を見つけました。もうひとりの自分は心の中でこう言っています。

「なんで両側に乗らないの?歩く人のこと気にし過ぎじゃない?」「広がって乗れば倍の人数が乗れるし、待ち時間半分になるじゃん!」「体の不自由な人とか子供連れとか、無理矢理片側に寄せられて危ないんだけど」

=====================

良かれと思ってやった片側に寄るという行為が、実はもうひとりの自分にとって迷惑な行為を誘発していたのです。(そうです、ありがた迷惑というやつです)よく大人は、子供に「人の嫌がることはしてはいけません」と平気で言います。それは間違っていないし、大人は本心からそう思って言いますが、行動が伴っていないことが結構あるのです。

さて、ここで言う「人の嫌がること」は一体誰目線でしょうか?

言わずと知れた「あなた目線」「自分目線」ですよね。このような一面的(主観的)な物事の捉え方が、エスカレーターの例に限らず、ありがた迷惑を生み出してしまいます。そこで必要になるのが、「自己客観視」となります。あらゆる言動について、逐一、自己客観視が必要というわけではありませんが、もしあなたが他人の内心を推し量ろうとするなら、自己中心的では駄目です。自己客観視(というよりはメタ認知)が不可欠だということを覚えておいてください。これはまず、心理的な側面からの僕からの提案です。

個人の効率と全体の効率を考える

さて、次に効率と言う観点から考えてみたいと思います。

エレベーターの効率と言っても、一個人から見た効率とお客さん全体から見た効率は全く違う概念です。厳密には少し意味合いが異なりますが、この関係は合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)という表現に似ています。合成の誤謬というのはもともと経済学用語です。ざっくり説明すると、個々(ミクロ)が正しいと思って行ったことが、それが集まって全体(マクロ)となった時には個々の思惑どおりの結果にはならないということです。

わかりやすい例が、「節約」です。

特に日本では、各家庭(ミクロ経済)では節約(お金を使わないこと)は良いこととされています。もうちょっと言えば、お金を節約したら節約した分だけお金持ちになれると思っています。

しかし、全家庭がそのような節約に取り組むことで、社会全体の経済が縮小してしまい、企業の業績が悪化して、結果としてみなさんのお給料が減り、そして使えるお金が減り、だからさらに節約すると、ますます経済が縮小してお給料が減り・・・と悪循環から逃れられず(いわゆるデフレですね)、結果的にお金持ちになろうと思って行った節約が貧乏を生むという状況になってしまうのです。

実際の経済活動は複雑ですが、このことは理論的には本当なんですよ?誤解を恐れずに言えば、経済を成長させるには無駄遣いが一番効果的なんです。

「合成の誤謬」になぞらえてエスカレーターの効率を考えると以下のような関係であることが分かります。

ミクロの視点)

急ぐ個人は出来るだけ早く先に行きたい(効率よく前に進みたい)ので、エスカレーターの右側を歩いて登ります。「俺が早く駆け抜けてあげたのだから、後の人も早く歩けていいだろう?誰にも迷惑かけていないし」と考えています。

一方、片側に立ち止まっている個人は、「急ぐ人のために片側を空けておけばどんどん歩けて効率良くお客さんは掃けていくでしょう?しかも私たちは大人しくしているし誰にも迷惑かけてないし」と考えます。

双方とも良いことをしたとまでは思っていないにしても、少なくとも悪いことをしたとは思っていませんし、効率が良いと考えています。

ところがマクロの視点ではどうでしょうか?

(マクロの視点)

歩こうとアクションを起こす人いるから、周りの人には「どうぞ、どうぞ」の精神が働いて片側を空けるという形が生まれます。その瞬間、エスカレーターの乗り口では片側に長い列ができ始めます。折角、乗り口の目の前まで来ていたのに、歩かない人はわざわざ左にずれて待たなければなりません。結果的に乗り込む人の列の進みが遅くなって、最終的にはお客さん全員掃けるまでの時間は遅くなってしまう(運搬効率が悪くなる)のです。

駅のホームなどでは頻繁に電車が出入りするので、そのたびにエスカレーターの前は人で溢れかえります。そんな中で効率の悪い動作のきっかけを自分が作ることによって、それが自分に跳ね返ってきて、運搬効率の悪いエスカレーターにいつも自分が乗らなくてはいけなくなっているのです。それが現状の日本のエスカレーターの実情なのです。

問題解消のための提案

もうここまで読めば、自分が何をすべきか分かると思います。あまり混雑しないエスカレーターではほとんど効率には影響しないので気にしなくても良いと思いますが、デパートや駅のホームなど、混雑して危険な場所では是非ともこのような状況を解消させたいですよね。

答えは簡単!

混雑するエスカレーターは2列に並んで2列で乗る(但し2人乗りを想定しているものに限る)。そして、エスカレーターでは歩かない。これだけです。

最後に、では、みんながそうなるにはどうすればよいか?それには、皆さんの働きかけが大事になってくるのです。そして、そのような状況に出くわしたとき、こう言うのです。

  • 「左右に分かれて、2列で乗ってくださーい」と係員のふりをして大声で言う。
  • 「さ、さ、どうぞ、左右に広がって乗ってください」と前に並んでいる3,4人を巻き込んで自分も広がって乗り、さらに後ろの人にも広がっていいんだ?の安心感を与える。

先日、池袋のウルトラマンフェスティバルに行った際、人が多いのにエスカレーターでみんなが1列に並ぶので、僕が切っ掛けを作って2列に並んであげると、安心した他のお客さんも2列に並んで、あっという間に混雑解消していました。

みなさん、このようにきっかけを作ってあげればきっと他の人も協力してくれます。その効果は間違いなしです。みんなで日本中のエスカレーターを効率の良いエスカレーターにしましょう!

エスカレーターの運搬効率についてはこちらの記事をどうぞ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください