上西議員vs浦和レッズ

Pocket

上西議員の言動は国会議員という立場をわきまえていない。twitterで何をつぶやこうが基本的には自由だが、わざわざ人の怒りを煽るようなツイートはだめだ。というよりも、この人、政治家になっちゃいかん人だな。最近の女性議員は、「ホーレイ蓮舫」といい、「おい小池ファースト」といい、「電流爆破金網デスマッチ森」から「ハゲ豊田」に至るまで世間では話題に事欠かない。「ムク上西」もこの政治家失格サークルの女性メンバーの若手として、世間を賑わせ頑張っている。

私だったらもうちょっとうまくやります。大人の対応をね。

「ハゲ豊田」が「このハゲ問題」を起こしたとき「ムク上西」は某新聞のインタビューで「ハゲ豊田」に向けてこの言葉を発信している。

って、お前、出来てへんやないか!

そもそも今回の一件が炎上商法だから、ムク上西的にはうまくやったと言えばうまくやったのかもしれない。しかし、仮にそうだとしてもこのやり方は決して大人の対応とは言えない。はっきり言ってガキだ。ガキが我が国の政治家になっていると考えたら恐ろしくなってしまう。本当にこんな人たちが日本の政治家だという現実を我々は重く受け止めて、これからの自分たちの行動を戒めなければならない。そして、こんな人たちに我々の税金が使われていると思うと嘆かわしくなる。

相手にしないこと

良識ある浦和レッズ関係者は相手にしないだろうが、世間のみなさんもこのことはなかったことにしたほうが良い。そういう僕もこんなことをネタに記事を書いてしまったているから人に言える立場ではないかもしれないが・・・。ムク上西がただのタレントであるなら、暴言だろうが炎上商法だろうが好きにやってくれと思えるが、我々の税金を使う政治家だから看過できないのである。ただのタレントになればいいのに、と思っている。

政治家もただの人間

政治家が特別な人間ではないとはわかっていても、こういうおかしな政治家がポコポコ出てくると、やはり特別な人間(選ばれし人間)が政治家になるべきではないかと思いたくなる。聖人君子とは言わないが、深い見識を持った徳のある人が政治家になってもらいたいと僕は願う。誰が見てもそのように思える人なら誰もが納得してその人を政治家として受け入れるのではないだろうか。普通に考えれば、そんな希少な存在である聖人君子がこんな狭い政治の世界にいるはずもなく、それは現実には期待できない。だからこそ、できるだけまともな人を選んで投票しなければいけないというのが結論になる。

最後に

政治家が腐っているように思えても、だからと言って嫌気がさして政治に無関心になると、ますますそのような変な人が政治の世界に増えてくる。それだけは肝に銘じておかなければならない。ムク上西、もはやこれまで。自分が蒔いた種だ。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください