稲田朋美防衛大臣辞任

Pocket

安倍首相に将来を嘱望され防衛大臣を経験させてもらったものの、残念ながら本人の失言や日報問題が世論から非難されている。このままでは近い将来の衆議院選挙に悪影響を及ぼすと、稲田大臣本人は当然ながら考えているはず。

最近の自民党には良い話がない。自爆あり、プロパガンダありのダブルパンチでどうしようもない状況である。野党とマスコミが作り上げた学園シリーズの森友問題や加計問題は、国民の大半が一体何が問題だったのか分かっていないと思う。いや、何も問題がないことがわかったのだが、与党自民党や安倍政権はまんまとマスコミのプロパガンダに貶められた。

豊田議員の「このハゲ」発言や稲田大臣の「自衛隊としてお願い」発言も、連日のようにしつこくテレビで流され、上辺の情報に流される多くの国民は素直に問題発言と捉えた。僕の目から見ても、これらは明らかな問題発言である。どちらもかばいようがない。

また先日の都議選では、「おい小池ファースト」が、事情を知らない多くの都民に訳も分からず支持され、結果的に予想をはるかに凌ぐ自民党の大惨敗に終わった。おい小池ファーストに至っては犯罪者まがいの候補者までもが当選してしまう始末。客寄せパンダの小池都知事は選挙で大勝利を収めるなり、「おい小池!」と呼ばれようが何をしようが、振り返ることなく党首を辞任し逃げていった。

僕は自民党の支持者でもなければおい小池ファーストの支持者でもない。ましてやその他の野党の支持者でもない。つまり政党では候補者を選んでいないということだ。政党で人を選んでしまうと本質を見失うので、それはしないようにしている。出来る限り個人の思想信条を見抜こうとしたり、政策を読み込むことによって選んでいる。でも現実的には、全ての候補者の政策を目にし、全てを理解することはできない。つらいところである。

冒頭でも触れた衆議院選挙に関してだが、衆議院解散は本当に近いうちにあると思う。ここに来て稲田大臣は政党を考えた辞任をし、ほうれい蓮舫は自らの保身と鞍替え選挙を見据えたしょうもない言い訳辞任会見を開いていた。相変わらずみっともない。私自身をもう一度見つめなおすやと?もう政治家としての資質に欠けていることが分かったのだから戻ってこなくてよいと思うが・・・。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください