蓮舫の「初めての党首討論」という学芸会に安倍さんニンマリ

Pocket

先日、国会にて安倍首相と蓮舫議員の党首討論が行われた。最も印象に残ったのが、蓮舫議員が安倍首相に放ったこの言葉「息をするように嘘をつく」だった。その瞬間、安倍首相はさることながら、日本国民全員どころか、台湾人までもが「お・ま・え・だ・Yo!」と一斉に突っ込んだとか突っ込まなかったとか。

大根パフォーマー

討論全体を見ていて、蓮舫議員は言葉の操作がウマいと思った。もちろん褒めているわけではない。むしろ逆で、完全にオーディエンス(視聴者・聴衆)の心理を意識した政治家特有の洗脳戦略を行っていたということである。今回の党首討論はそういった意味からは単なるパフォーマンスにすぎなかった。だから僕の冷めた目にはそれが学芸会にしか映らなかった。

彼女は三代目ならぬ三枚目のパフォーマーだ。感情を無理に作り上げ、セリフ回しも違和感満載。腹から声を出しながら語尾を伸ばすあの言い回しにはさぶいぼが出る。毛穴もおかしくなって毛が抜けそうになる。

彼女の言動からは心を通じて伝わるものがない。何ひとつ僕の心に響かなかった。言葉を操ったつもりだったのかもしれないが、自分自身がマリオネットだったことに気付いていないのだろうか。

本物を見抜く力を持つ人たちを騙すことはできない。あの演技じゃ無理だ。そして内容はというと、せっかくの党首討論にもかかわらず、蓮舫から政策論争を仕掛けることはなかった。

「なぜ政策論争なんですか?追及だけじゃダメなんですか?」とでも言いたかったのだろうか。法案提出までの過程に対する批判や、経済音痴な質問、人を貶めようとする事実に反する言葉、どれもこれも本筋からポイントがずれている。

なかでも「息をするように嘘をつく」はどこからどうみても自分のことなのに、そうじゃない人(安倍首相)に向かって平気でそのようなセリフを言ってしまう行為を見て、いったいこの人はどういう神経をしているのだろうかと心配になった。国民目線から心配に見える人が現に政治家であるという事実は恐ろしい。

しかも彼女は、仮にも「良識の府」と言われる参議院議員である。大丈夫か?さらに野党第一党の党首だ(この当時)。何の冗談かと思う。仮にもその地位に立つ人であれば、まず真っ先に政策の中身について討論をしてほしかった。誰のために政治家をやっているのだろうかとつくづく思う。

蓮舫は政治屋にしか見えない

「政治屋」とは、あえて言うなら、国民よりも自分の政治家としての立場を優先した言動を行う政治家のこととしておきます。その定義からすると、彼女は完全に政治屋だ。そして政治屋の問題はこうだ。

自分自身が政治に関心があると思っている多くの国民も、政策や法案の中身を熟知している人はほとんどいないと思います。

何故なら、政策や法案のそれぞれには多くの人(政治家や官僚)が携わっていて、事細かいことは官僚が一生懸命考えて作っています。それを一人の人間が隅々まで理解できる訳がありません。だからどんなに頑張っても、一般の国民はそれらの情報の表面しか理解することは出来ないのです。

つまり、全てを熟知した上で「良いか悪いか」を国民一人一人が判断しているわけでないというのが政策や法案の現状です。法案どころか選挙だってそうです。テレビのイメージや有名だからという理由で投票をしている人はかなり多いと思います。

だからこそ、政治屋が成り立ってしまうのです。中身はどうあれ表面的にうまくアピールできれば、多くの国民をだますことが出来るのです。

例えば、今回のカジノ法案を例にとると、まず経済に関心がある人でも、経済効果や乗数効果に詳しい人は少ないでしょう。そして、カジノ法案の経済効果については「誰にもわからない」というのが本当のところでしょう。

投資をするのは民間ですし、またインバウンド(海外からの旅行者など)に期待しているのであれば、それは水物です。為替にも左右されるし、流行(はや)り廃(すた)りがある。だからわからないというのが正解だと思う。

しかし、蓮舫はそれをあたかも効果がないように臭わせたり、カジノとギャンブル依存症を絡ませたりして、統合型リゾート(通称IR)はそういう人が負けたお金で成り立っている施設であるかのごとく訴えて、弱者の同情を誘おうとしている。

それを多くの国民は鵜呑みにしてしまうのです。よくテレビ番組で「この野菜は体に良い」というと、翌日、店頭からその野菜が消えますよね?(こちらの記事を参照してください「健康番組の弊害とテレビの実情」)あれは人間の正常な心理作用です。あれと同じことが政治の世界でも起こっているのです。

話が逸れてしまいましたが、僕自身は、カジノ法案は要らないと思います。まず、日本の文化からして、カジノは絶対に一般大衆には根付きません。そしてそこは必ず異質な空間になります。

現在でも都内にはその土地に似つかわしくない無理矢理作り上げられた場所がいくつかありますが、おそらくそんな感じになります。そして、寄りつく人が固定化されます。そんな施設に投資するぐらいなら、インフラ設備の強化を行ったほうが、災害大国日本においては、より国民のためになるし、確実な経済効果も得られて良いと思っているので、そういった経済効果の面からであれば安倍首相を批判したいと思っています。

まとめ

政治に関心を持たない若者が多いのは、今も昔も変わらないと思います。政治の世界は僕たち国民の生活に直結しているにも関わらず、国民から遠くて分かりにくい存在です。国民が求めているのは結局のところ、政治に限らず「分かりやすい」ということだと思います。

そうなると、政治家の言動は簡潔化され、インパクトのある言動や印象づける言動が優先されます。政治家は間違いなくそれを利用しています。僕たちがよりまともな政治家を選ぼうと思うなら、僕たち自身が賢くなる以外、方法はないのです。それには日ごろから真実を見極める訓練をするしかないと思っています。

くれぐれも政治家の魅力的な言葉に騙されないようにしてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください