冷蔵庫の寿命は大体7年も5年で故障した

Pocket

更新:2018年1月24日

8年ほど前、引っ越しを契機に大物家電製品を一新した。その中で、真っ先に壊れたのが冷蔵庫だった。延長保証の5年を少し過ぎた5年3か月でガタが来てしまったのだ。タイミングが最悪で、保証が効かないのだからこの後の処理は全て自費となってしまう。ババを引いたと言ってしまえばそれまでだが、それにしても最近の家電は長持ちして当たり前という先入観もあって、たった5年で冷蔵庫のような高級家電が壊れてしまうのはショック極まりなかった。

大手電機メーカーの製品と言えども不運はある

名誉のためにメーカー名は出しませんが、この製品が日本の大手電機メーカーの製品であったことは言っておきます。ダメになったのは冷凍機能だったのですが、本体裏側の冷媒ガスパイプのどこかにピンホールが出来てしまい、それによる冷媒ガス漏れが原因ということでした。

最初に異変に気が付いたのは、冷凍庫に入れているアイスクリームを食べようとした時でした。触感があまりにも軟らかかったので「ん?」とためらい、もう一度冷凍庫に戻して他のアイスを食べようと考えたのです。ところが、それも軟らかくなっており、それでも冷蔵庫の故障は疑わず、強弱の設定が悪いものだと思っていました。その他の冷凍食品も軒並み軟らかくなっており、慌てて設定を強にしました。しかし、症状は和らぐどころか、今度はやたらと冷蔵庫内に水滴が目立つようになったのです。

冷媒ガス漏れと修理費用

いよいよおかしいと思ったので、5年の保証期間は少し過ぎていましたが、サービスマンを呼んで見てもらうことにしました。サービスマンには罪はないのですが、決まりだから保証は効かないし、サービスマンの出張費数千円もきっちり取られます。

結果的に冷媒ガスが漏れていることが分かり、さらに調べてみるとピンホールがどこかに開いていることが分かりました。別の日に修理(溶接)をしてもらいましたが、それでは完全に直らず、次は部品交換という話になりました。その部品自体の値段は25,000円ぐらいするそうで、そこに技術料とその他の手数料なども取られて、結局、45,000円ほどの出費が確定しました。

そして、話はこんなことでは終わらないのです。

保証期間は大事

5年の保証期間であれば無償で修理してもらえたはずなのに、保証期間からわずか3か月が経過していたというだけで4万円以上の出費は免れることは出来ませんでした。そのことはなかなか納得が出来ませんでしたが、一刻も早く冷蔵庫を直してほしいという気持ちのほうが強かったので、無理やり自分を納得させて直してもらうことにしました。

ところが、それが直らなかったのです。部品を交換してまで直らないとなると、もはや設計不良か別部品の問題か製造上の不良ではないのかと疑い始め、そのことをサービスマンにも伝えました。サービスマンの答えは「そういう可能性もあります」ということでした。だったら、無償で保証してもらえるのではないかと聞き正しましたが、しかし、それはサービスマンにする話ではなく、本社のカスタマーサービスセンターに問い合わせてくれとのことで、相変わらず大手企業のメンテナンス会社は融通が利かないなと感じました。

そこからは僕もいろいろ交渉し、結局、機械の入れ替えということになったのです。大手企業のブランド力による強みなのか、彼らはそんな状況でもお客様からお金を取ろうとします。新品の冷蔵庫としては多少安くなりましたが、冷蔵庫代として新たに数万円の請求がありました。

結局、事の始まりから考えると、10万円ほどの出費で機械の入れ替えということで落ち着きました。結論を言うと、25万円の冷蔵庫が5年で壊れて、新たに10万円で新しい冷蔵庫を買ったということになります。 

 

しかし、ここまで来るのに一体どれくらいの期間を要したかご想像できるでしょうか?なんと、約1年を要したのです。期間を要した理由は、やり取り中の担当サービスマンが急に音信不通になり長い空白の期間が出来たからです。メンテナンス会社もなかなか連絡がつながらず、ようやくつながったと思ったら、そのサービスマンはすでに辞めていて、引き継ぎもされていなかったのです。それ以来、対応の悪さに嫌気が差し、僕はそのメーカーの製品は買わないと決めたのです。入れ替えた冷蔵庫はもちろんそのメーカーの製品ですが・・・。

その後、これまでの経緯を話すと、やり取りの履歴からこちらの言い分が納得してもらえて、ようやく機械の入れ替えを行うことが出来ました。それまで、故障したままの冷蔵庫を使用して不便だったので、先に古い冷蔵庫を引き取ってもらうと同時に、代替機(凄く小さいやつ(泣))に入れ替えてもらって、それから1週間か2週間してからようやく新しい冷蔵庫に入れ替えてもらうことになりました。

まとめ

それにしても大型家電の入れ替えは大変です。我が家のキッチンは2階にあるので、クレーンで釣り上げて窓から搬入することになります。さらに、設置場所も狭いところを通さなければならないので、ちょっとした引っ越しぐらいバタバタします。出来ればやりたくない行事です。

また、家電製品には必ず寿命があります。それが5年になるか10年になるかは運次第とも言えます。出来れば想定以上に長持ちしてもらいたいですよね?これ以外にも食洗器が壊れたり、洗濯機が壊れたり、エアコンの室外機が壊れたりと、いろいろ経験しておりますので、それらについてはまた書くことにします。

とりあえず、保証期間が過ぎていても、交渉の結果、10万円弱で搬入費用等を含む新品への入れ替えが出来ました。それでも、延長保証は大事だと思いますので、僕としては出来れば長期保証を付けることをお勧めします。 

 

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする