インフルエンザの予防接種は受けるべきなのか?

Pocket

僕は今後絶対にインフルエンザの予防接種は受けない。

今年、そう確信した。インフルエンザの病み上がりに子供がハイテンションになるでも書いたのですが、とうとうそう決心せざるを得ないことが起きてしまったのです。

もともと予防接種など全く興味のなかった僕ですが、子供が出来て以降は、子供に移してはいけないという理由から、妻の強い希望で今まで受けたことのなかったインフルエンザの予防接種を受けることになりました。インフルエンザ等の予防接種は保険が効かず全て自費なので結構高いですよね?我が家は4人で受けていたので大体2万円ぐらいになります。※予防接種費用は医療機関によって多少のばらつきがあります。

そんなお高い注射を何年も受け続けてきましたが(僕は3年前からやめている)、ここ数年の我が家の実績を以って、今後はなるべく予防接種は受けないように説得しようと思っています。

予防接種を受けたらインフルエンザに

やっぱり今年もそうなった。僕はここ数年の予防接種の効果を見てきてその効果を疑問視してきた立場です。何故なら、インフルエンザの予防接種を受ける前はインフルエンザに罹ったこともなければ気にしたこともなかったのに、インフルエンザの予防接種を受けたときから急にハイペースでインフルエンザに罹るようになったのです。もうすっかり大人になってからのある年、僕が記憶している限り、生涯で初めてインフルエンザに罹りました。その年は予防接種は受けていませんでしたので、翌年から受けることにしました。ところが、予防接種を受けたにもかかわらず2年連続でインフルエンザになってしまったのです。そしてそれは次の年も続き、結局3年連続でインフルエンザになってしまったのです。

子供が出来たタイミングだったので、何かと人と接する機会が増えましたし、医療機関に行く機会も格段に増え、それだけでインフルエンザ罹患のリスクが高まっていたのかもしれません。

予防接種を止めたら罹らなくなった

予防接種を受け始めて以降、家族みんなが急にインフルエンザに罹るようになったので、僕はしばらく予防接種を受けるのは止めようと考えました。

結果的にその考えは正解でした。

僕が予防接種を止めたのは3年前。それ以来、僕自身はインフルエンザに罹っていません。一方、予防接種を受け続けている妻と子供は毎年のようにインフルエンザに罹っています。予防接種を受けた人が罹って、受けなかった人が罹らないという逆転現象が3年間も続いたのです。そして、とうとう僕を決心させる出来事が起きたのです。

今回は予防接種を受ける前に僕以外の3人がインフルエンザA型に罹りました。僕はインフルエンザの3人に囲まれながら生活しましたが、免疫力が付いたのか何故だかインフルエンザには罹りません。そんな中で妻が「今から予防接種を受ける」と言い出したのです。インフルエンザに罹って免疫が出来ているのに予防接種を受けると言い始めたから僕はびっくりしましたが、「まだB型に罹る可能性がある」というので、それは一理あると思いました。が、そこまでして予防接種にこだわる気持ちが理解できないところも正直あります。僕は内心、「B型を予防するために受けて、まさかB型に罹るんじゃないだろうな」と思っていました。

それから1か月後、娘がB型に罹りました。予防接種の効果はここでも発揮できませんでした。ここまで予防接種の効果に騙されながらもまだ無駄金を出してまで予防接種を受けようとするのはどうかしている。絶対やめた!僕自身は決心しました。

効果が出なかった予防接種費用は払い戻しをすべき

それにしても予防接種を受けているのに罹患してしまうのでは予防接種の意味が全くありません。少なくとも「予防」ではないですよね。リスク予防やリスク補填をお金で買うのは保険と同じですが、保険ならリスクが発生した時には補償があります。ところが予防接種にはそれがありません。これはおかしいです。

予防接種を受けたのに罹ってしまった場合は、「予防接種費用払い戻し」などの制度を作るべきではないでしょうか。ワクチンの効果は100%ではありませんし、インフルエンザに限って言えば、その効果は一般的に考えても中程度以下でしょう。最初から、「効果がなければ一部払い戻します」と言ってくれればためらうことなく受ける人が増えるでしょう。

製薬会社や医療機関も商売を行っています。もちろん、国民の健康維持・増進が主目的でしょうが、商売が立ち行かなくなればそれらの企業は消えていくだけです。もし、商売が目的ではないというのであれば、僕が提案する「効果がなければ払い戻し」はすぐにでも受け入れられるはずです。

まとめ

何度も言いますが、僕は今後一切インフルエンザの予防接種は受けないと決めています。しかし、これは僕の個人的意見です。ワクチンの効果を信じている方もいらっしゃいますし、一方で僕と同じような経験をされている方もいらっしゃるでしょう。ですから、予防接種を受けるも受けないも個人の判断になります。しかし、僕の提案が受け入れられれば、予防接種に対する不信感は大幅に減り、ある意味安心して予防接種を受けることが出来るようになると思います。

でも最後に、一番の予防策は手洗いとうがいと定期的な水分補給のような気がします。寒くて乾燥する冬、くれぐれも体調には気を付けください。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする